賃貸管理会社裏話 -募集編-

大多数の管理会社の入居者募集は非公開が原則

-「知らぬが仏」の賃貸アパート管理業務-

大多数の賃貸アパート管理会社の募集体制は、非公開が原則です

そもそも、「非公開」なんていう、募集方法があるのか? と思われる方がほどんどでしょう。

しかし現実、その方が不動産業者の利益は上がるのです。

 

なお、ここに言う非公開の定義は以下の通りです。

●自社ホームページへの公開

●ポータルサイト(スーモ、ホームズ等)への公開

●新聞折り込みや宣伝広告チラシの配布

以上全てに共通するのは、入居者から受領する仲介手数料を確実に、自社のみで、全額、まるまる受領できる情報開示方法であるという点です。

 

ちなみに当社の知る限り、この入居者募集方法は、「賃貸住宅が数ヶ月空室になっている」・・・程度の事では改めようとしないのが一般的です。

 

もしかすると、あなたの賃貸アパートが長期間空室である主な理由は、こんな基本的なことなのかも知れません。

自分の物件の扱われ方を、確認してみましょう

不動産ポータルサイトと呼ばれるサイトには、「ホームズ」「スーモ」などがあります。そしてこれらのサイトの「お客様」は、物件オーナーではなく管理会社ですから、これらのサイトは管理会社が使いやすいように、管理会社が利益を上げやすいように、予め、以下のような選択肢が準備されているのです。

□ この物件に対して、他の不動産業者からの入居者紹介を受け付けない

□ この物件に対して、他の不動産業者からの入居者紹介を受け付ける

「受け付けるも受け付けないも、入居希望者があるのだから受け付けるに決まっているだろう!」と、お考えになった賃貸アパート物件オーナーの方。管理会社に対する管理が、甘すぎると言うことは無いでしょうか。

 

週刊ダイヤモンドの覆面調査にならい、一度、ポータルサイトに、問い合わせをしてみてはどうでしょうか。

当社の募集方法

募集情報の公開など、消費者の方から見れば、やって当たり前のことではないのかと思われるかも知れませんが、不動産業界ではその常識が通用しません。当社が管理業務をアウトソーシングしている管理会社ですら、他社算入の公開募集を認めさせるには、一手間二手間かかっているのが実態です。

 

しかし当社では、あくまでも早期に入居者を獲得する事を優先しています。

 

このため情報公開の手順は、あくまでも入居者獲得の可能性が高い手続きを第一優先とし、次に、時間を掛けず直ちに情報発信できるものという順番を、全スタッフに対しても厳守させています。

 

当社の賃貸管理物件の募集方法や、それによって構築されてきた、他業者による入居者紹介実績の詳細は別ページの通りです。

―不動産業界の常識を疑え―