その「高額相続税」は回避可能
ルール通りに課税がされていることは誰もが知っている。 どんなルールの計算なのかを説明できる人はとても少ない。

ポイントだけ理解することが、大きな差になるところです。

はじめに

「相続」というのは、現に発生した状況でない限り、まだ対策が可能であるという特性があります。

当然、時間の経過と共に、選択できる対策は減っていくのですが、全く相続対策をしていなくても、即効的かつ合法的に納税額を減額できるような対策が存在することも、相続税という税金の特性なのです。

資産総額が5億円~10億円の規模になると、相続税額も基本的には数千万円となります。
勿論、きちんとした対策には5年、10年という時間をかけて節税対策を講じているのが一般的だろうと思います。

しかしながら、相続対策をついつい先延ばしにしてきたからと言って、今回の相続対策を諦めてしまう必要も実は無いのです。

当然に長い時間、手間暇をかけて構築してきた綿密な相続対策には劣りはする(当社比)ものの、目の前の 【数千万円の相続税額だけ】 に対処するのであれば、瞬間的に圧縮が可能な方法があるのです。こんなことだけなら、当社でなくても、どこの税理士にも簡単にできます。

相続税というのは、そういう性質を持った課税制度なのです。

あなた以上にあなたの次の世代のことを考えるのであれば、数千万円の納税額の圧縮にはとても大きな意味があります。即効性のある方途がある以上、今からでも諦めずに、そんな相続対策を検討するべきでしょう。

相続が発生したら「土地を売って納税する」とか、「一旦あえて滞納して、納税資金を作ってから納税する」という考え方も確かに世の中にはあります。詳しくは後述しますが、それは有意義ではないし、相続への対処という観点からは、対策とすら呼べないものなのだろうと思います。

1.  安易な納税方法選択に潜む大きなリスク

多くの資産をお持ちの方の中には、わざわざ相続対策をしなくても、銀行から資金を一旦借りて納税しようというお考えの方もいらっしゃるかと思います。それも確かに一つの方法に間違いありませんが、その方法で抱え込むリスクについて・・・

2.  アパート購入・経営による節税効果(一般論)

なぜ、アパートを購入したり、建てたりすると相続税が下がるのでしょうか。本項では一般的なそもそも論をまとめます。

3.  これまでの相続対策の間違い 代表例

相続対策 と 相続“税”対策 、の違いがお分かりでしょうか。
この大切で、とても大きな違いを理解していなかった方が、大きく資産を目減りさせ、空室だらけの賃貸アパートを次の世代に残してしまっている・・・

4.  相続対策とすら呼べない間違った対応

前項の手法は15年後等、将来の資産運用で明らかに問題が出るであろうと言うだけで、曲がりなりにも一応の相続税対策にはなっています。目先の相続税だけを、まずはとにかく下げるということを目指すなら・・・

 

5. まとめ

(1) 相続税対策で出来ること、すべきこと

(2) 相続対策の最重要事項