木造大胆改修

 好き勝手出来る訳ではないですが・・・

間柱は移動できます、土台は交換できます。「洋館」や「古民家」などを改修して使おうと漠然と考えていても、果たしてどこまでできるのか。その知識次第で、購入対象の物件の幅も変わってくるでしょう。

 

  論より証拠

まず、お見せするのが早いと思います。このくらいのことは出来てしまうのが木造建築の強みです。中には、むしろソコまでのコストも係らずに実現出来る工事もあります。

Bifore

After

和製下見張り
西側雪景

Bifore

After

土台交換

Bifore

台所改修前

After

小窓設置
台所仕上がり

Bifore

建具再利用

After

建具の再利用は、建具に合わせて壁を設計。照明は大正期のものを再利用。

書院建具、すかし欄間

Bifore

改修前廊下

After

天板を撤去し、丸田の構造を現しに。ただし機密性は犠牲となる。

照明器具の選定

Bifore

ここから復活

After

従前の室内部分を一部、屋外に変更。ただし屋根はあるので、曖昧な空間演出。

間柱移動
引き込み開放

Bifore

改修前食堂屋根

After

瓦からガルバに変更

Bifore

トイレ床下改修前

After

約100年前の基礎すら適当な土台を、角材交換と金物で補強。

得意の土台交換

Bifore

根太を追加