オーナーズ倶楽部
オーナーズ倶楽部について

当社オーナーズ倶楽部は企業の営業活動ではなく、各オーナーの情報交流による真の利益の追求を設置目的としています。

ゴルフの世界で 【The Open】 と言えば全英オープンの事となる様に、不動産業界では他に例の無い当社の顧客交流会は、本物はここにしかないという意味で単に、

オーナーズ倶楽部

と、呼称することといたします。

アース・デザインでは各クライアントが相互に一定の個人情報を自らの意志により開示して、それぞれが抱えている不動産に関する現状や困難、良かったことや改善したいことなど、経験や知識をメンバーで共有し、消費者が知恵をつけ、より良い資産を築き、保全していこうという取り組みをしています。

不動産の取引は一生に何度も経験できるものではありません。

失敗や成功を繰り返しながら経験値を上げていくということは難しいのですが、大きな金額の取引であるため、失敗のダメージは計り知れません。

取引回数や経験のみならず、情報量という観点からも不動産業者と消費者の格差や透明感と言った問題も放置されており、不動産業者は個別の消費者ごとに、耳障りの良い殺し文句を使い分ければ許される様な状況となっています。

この不公平な非対称性を解消すべく、アース・デザインではオーナーズ倶楽部(以下「OC」と記載。)を設立いたしました。

よく耳にするいくつかの決まり文句があります。

 

「家を買うために必要なことは勢いだ」    → こんな物件は二度と出ませんよ。 

「良い土地を探すには、縁や出会いが重要だ」 → 今決めないと・・・。ご縁ではないですか?

「不動産は装置産業である」         → 建ててしまえば、アパート運営は私たちの方で・・・。

 

明確に否定しておきますが、全て間違いです。

正しい不動産取引に勢いは必要ありません。

不動産は縁や出会いでは無く、これほど積み上げ型の作業はありません。

アパート事業を装置産業化した場合の経営は、うまくいくわけが無いと思います。

 

的確な情報や回答を充分に得られないことから生じる不安を、勢いや運で解消しようとしないことです。

 

一生に一度、有るか無いかの取引をネットや書籍から机上で理解することは大変困難です。

でもOCのメンバー同士であれば、分からないことは○○さんに聞けば良い。

 

この情報交流や互助の連鎖が自分の経験として蓄積できれば、間違わないことも改善できることも必ず増えていくと確信します。

 

そして十分な、世間の不動産屋以上の善意の知識を持った皆様が、次にお困りの方をサポートしていただけることを、切に願います。