茅ヶ崎市小和田1丁目

人気の辻堂 閑静な住宅地

南西向き角地 陽当り良好 約46坪 建築条件なし

A区画:価格 3,600万円

住所:茅ヶ崎市小和田1丁目9-25

交通:JR 東海道線・辻堂駅 よりバス約8分 バス停『菱沼2丁目』より徒歩約2分

土地面積:152.29㎡(約46.06坪)実測

但し分筆調整中のため面積増減する場合があります

*当社にお申し込みの個人のお客様に限り、価格交渉いただけます。

 詳細は下段の記述をご覧下さい。

取引の態様:専属専任媒介契約

(売主との直接交渉は、弊社以外には行えません)

交通

当物件が最も近いのはJR東海道線「辻堂」駅です。「辻堂」駅からバスで8分の「菱沼2丁目」バス停より徒歩約2分の位置にあります。通勤時間帯の平日朝7時台は辻堂行きが3本とあまり多くはありませんが、便利です。

最近はリモートワークで通勤も毎日でなくてよい人も増えています。朝9時に会社に到着しなくてもよい場合もあります。そんなときは駅までお散歩がてらに歩くのもいかがでしょうか。JR辻堂駅まで1.8㎞、約22分の平坦地なので快適です。

地勢・歴史

湘南はなぜ人気のエリアなのか:それは砂丘だから
本物件のある辻堂を含む湘南エリアは、サーフィンなどで首都圏住民に何となくイメージが良いですよね。なぜ湘南がそのようなエリアになったのか、それは、地形に秘密があります。「相模湾」の北側の海岸線には、東西に長い砂浜が延び、その内陸側に「湘南砂丘地帯」が広がります。「相模川」などの河川が運んできた砂が、波や風に運ばれて形成されたもので、鵠沼・辻堂の海岸の砂浜・砂丘もその一部となっているからです。 この地形がどうサーフィンに影響するのか。それは波の崩れ方が重要な要素です。 湘南で寄せる波を観察してみると、波頭が崩れる位置は渚から一定の距離にあります。波が引くときに、渚で速度が速くなるためエネルギーを増し、渚の砂を侵食して海底に引き込んで堆積し、海岸線に平行した細長い高まりとなります。これを沿岸州(えんがんす)といい、沿岸州がきれいに続いている場合、寄せ波のバランスと適合すると、波頭が一斉に崩れてパイプラインと呼ばれる見事な管状になるときがあります。サーフィンは、こうした寄せ波の性質をうまく利用したスポーツですし、パイプラインができる湘南海岸にサーファーが集まるのは必然なのです。
砂丘の土地利用:演習場から住宅地へ
サーフィンができるからといっても、やはり砂丘なので、農作物は育ちにくいものです。だから茅ヶ崎市内のJR東海道線以南では農地はほとんどありません。そんな不毛と思われるような土地でも意外な土地利用があります。江戸時代でも吉宗の時代である1728年、相州炮術調練場が幕府により設置されました。鉄炮方役人の銃術鍛練が目的だったそうです。広くてまとまった土地であるのがよかったんでしょうね。 その炮術調練場は明治維新を機に廃止されますが、その一部は大給松平家が宅地開発して日本初の別荘分譲地(鵠沼海岸別荘地)となったそうです。そして、辻堂村西部は、日本海軍の横須賀海軍砲術学校辻堂演習場となったとか。明治になっても江戸時代の土地利用をそのまま受け継いでいます。 その演習場は敗戦後、米軍に接収されるもやはり在日米海軍辻堂演習場として同じような土地利用がなされます。 演習場が返還されたのは1959年でした。跡地には日本住宅公団の辻堂団地、湘南工科大学、松下政経塾、神奈川県立辻堂海浜公園などが立地し、海岸部を国道134号が通過している、現在の土地利用になったそうです。 砂丘という何にも役に立たなそうなところでも意外な使い道があるものです。

参考文献

https://kurobe56.net/ks/ks0001.htm

https://smtrc.jp/town-archives/city/fujisawa/p07.html

暮らし・街並み

暮らしやすい街ランキングで上位

いまどき「街 ランキング」で検索すると、いろいろな会社がそれぞれの視点、調査方法でランキングを発表しています。「住みたい街ランキング(suumo)」とか似たような名前でホームズ、いい部屋ネットなど不動産系の会社のランキング発表が多いです。

辻堂は、住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社が自社のデータを活用してランキングをつけた「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2022」で1位になっています。「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの視点で専門家が評価した、とあります。詳細はそのページをみていただくとして、ここでは単にそのページの見出し部分から引用します

  • 【発展性:4.20点】北口の再開発で大きく躍進した勢いの続く街
  • 【住環境:4.90点】湘南エリアで最大の商業施設が展開
  • 【交通の利便性:3.95点】乗り換えなしで都内へ通勤できる利便性
  • 【コストパフォーマンス:4.30点】生活利便性と自然環境を考慮するとお得感あり
  • 【教育・文化環境:3.85点】子育ての相談もできる公共サービスが充実した街

ちなみに、同ランキングで2位は川口、3位は多摩境、4位は大泉学園、5位は海浜幕張と、その他のランキングではあまり上位に来ない街が並んでいます。今後発展しそうなお得感のある街、という感じでしょうか。住宅ローンに関係する金融会社なので、「お手頃価格のマンションがありますよ」と誘導しているのかもしれませんが。。。。それはそれで辻堂の評価が高いことは、暮らしには良いことです。

辻堂駅北口周辺開発:湘南C-X

辻堂駅周辺の代表的な商業施設として北口に直結する「テラスモール湘南」があります。プレスリリースによれば延床面積17万平方メートル、店舗面積6.3万平方メートルですから、湘南エリアでは最大のショッピングモールといえるでしょう。

なぜ、このような大型商業施設があるのでしょうか。ここは実は工場跡地なのです。テラスモール湘南を含む開発全体を「湘南C-X(シークロス)」といいます。藤沢市での正式名称は「辻堂駅周辺地域都市再生事業」です。市のページによれば「平成14年11月、関東特殊製鋼株式会社の突然の全面撤退の表明を受けて、この跡地に広域的な都市連携の中核となる都市拠点を形成するという都市再生ビジョンを具現化」とあります。関東特殊製鋼株式会社は辻堂に本社があったそうですが、wikiで年表をみると「2002年(平成14年)11月 – 事業再構築計画を策定。本社所在地の撤退を表明」とありますので、本社用地を売却して経営を再編したかったのでしょう。市側からすると「突然」と書きたくなるのもわかります。ちなみにこの会社は2010年(平成22年)10月に臨時株主総会にて解散決議をしたそうです。土地を売ってもうまくいかなかったわけですが、市側からすると、魅力的な都市としての発展の契機となったわけですから、土地利用というのは長期的にみると面白いものです。

テラスモール湘南
辻堂駅
湘南 T-SITE へは車で12分ほど
湘南モールフィルも車で10分
Previous
Next

歴史・背景

鎌倉と言えば歴史。古都としてのお話を少ししておきましょう。
鎌倉の歴史

鎌倉といえば鎌倉幕府ですが、実は室町時代中期には衰退してしまい、都市としての鎌倉はいったん途切れました。

 

江戸時代の鎌倉は、大山の阿夫利神社、江の島の江島神社などへの参拝客の立ち寄り先として賑わいましたが、明治初期の段階でも鎌倉大仏(高徳院)や長谷寺を擁する長谷(はせ)地区に都市的な集落が分布するのみで、現在の鎌倉市の中心市街地は形成されていませんでした。

 

現在の鎌倉市の市街地が形成されたのは、1889年(明治22年)に東京と軍港のある横須賀を結ぶ目的で横須賀線が開通し、その経由地となったことがきっかけといえるでしょう。これにより鎌倉は観光地としての性格が急激に濃くなりました。また、東京から至近の別荘地として、皇族・華族や政財界の有力者などの一部が別荘を構えるようになり、これらを相手とした観光産業が発展しました。同時期に医学者が鎌倉の地域の海を地形的な特徴から「海水浴場として最適」と紹介したことから、医学的な意味での海水浴が始まり、それが湘南全体のリゾートイメージに発展しています。

 

昭和に入ると、作家や文人の一部が鎌倉へ移り住むようになり「鎌倉文士」という言葉が生みだされました。1936年(昭和11年)に松竹の大船撮影所が開設されるようになると、映画関係者も増えました。そして、1928年(昭和3年)の鎌倉山の分譲を嚆矢に、1930年(昭和5年)の横須賀線列車の電車化以降、戦前・戦後を通じて大規模な住宅開発が行われるようになり、東京近郊のベッドタウンとしての性格が強くなりました。

鎌倉逗子ハイランド住宅団地の開発

昭和35年頃から「昭和の鎌倉攻め」といわれる宅地開発ブームが始まりました。そのころに開発されたのが、この「鎌倉逗子ハイランド」。西武鉄道により昭和42年から45年にかけて開発されたと県の調査報告書にもあります。

鎌倉市と逗子市の両方にまたがっており鎌倉市側の団地総面積は23.2haで、昭和40年代前半に開発された大小さまざまの市内団地のなかでも3番目の大きさだったそうです。

西武グループの資料によれば、都心部の地価高騰から郊外部の住宅団地開発が進む中、西武鉄道は鎌倉・湘南エリアの開発を拡大したとか。「鎌倉逗子ハイランド」は東京から1時間前後というアクセスの良さもさることながら、古寺旧跡が徒歩圏内にあるという立地で話題を集めたそうです。

また、「あなたが取付けるのは標札だけ」というコピーとともに、洋式トイレ、シャワー設備のあるバス、ステンレス製のキッチンなど、憧れの生活空間を提案したとのことです。当時のパンフレットの見開きにある「都の風格と湘南の明るさ」というのは今にも通じるブランド力だと思います。

この由緒ある地のステイタスのためか、みのもんたさんも居を構えたことは有名で、その一角は未だに御殿通りなどと呼ばれています。

 

周辺環境

自然

前面道路向いは緑地帯のようになっており、広々とした樹々が目の保養になります。

開発経緯として、元々がハイランド住宅地の端部のエリアだったため、当時の緑地との境界線の緑が今も保全されています。

日々かわいい鳥のさえずりやリスにも癒されます。

団地内の主要街路にソメイヨシノが街路樹として植えられ、県内でも有数の桜の名所として知られています。

逗子市側は、神奈川県が1987年に選定した「かながわのまちなみ100選」のひとつにも選ばれています。

パノラマ台からの景色
見事な桜のトンネル
春にはきれいな菜の花

江の島や富士山も望める絶景おすすめスポットの浄明寺緑地 パノラマ台まで徒歩約18分。

 

鎌倉五山の浄妙寺や「竹寺」とも称される報国寺も徒歩圏内。

報国寺の少し先にはドラマのロケ等でもよく使われる登録有形文化財の旧華頂宮邸があります。

テレワークの合間など気分転換のお散歩コースにいかがでしょうか。

この物件の価格交渉について

■注意事項

・個人買主のお客様に限り、価格交渉を受け付けます。
・価格交渉には提示価格により、必ずしも応諾できない場合がございます。
・『 減額幅 』に関するご質問には一切、お答えできません。

■価格交渉の手順
 (1)建物の内見をお申し込み下さい
 (2)建物や周辺環境をご確認下さい
 (3)価格交渉をされる場合、当社指定の買付証明書にご記入いただきます

■内見申し込み時の必要事項
以下をご記入の上、メールにてお申し込み下さい。
 (1)内見希望の日時 ・・一週間以上先で、複数の日時をご指定下さい
 (2)購入者の方のお名前
 (3)購入者の方のご住所
 (4)連絡先:メールまたは電話

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
 

*権利:所有権 *地目:宅地 *地勢:平坦 *接道:幅員4.75mの公道に南側 約6.0m・西側 約8.9m接道
*法制限等:市街化区域 第1種中高層住居専用地域 建ぺい率60% 容積率200% *日影規制 *斜線制限
第2種高度地区 *準防火地域・景観条例 *公営水道・本下水・都市ガス
現況:更地 引き渡し:相談

お名前、メールアドレス、電話番号、ご要望などを入力して送信してください。

    必須 ご要望、お問い合わせ種別
    必須お問い合わせ内容
    必須 お名前
    必須ふりがな
    必須 メールアドレス
    必須お電話番号

    担当者が順次ご返信いたします。少々お時間をいただきますこと、予めご了承ください。